試験問題にもなったムーミン!その歴史と関連グッズは

試験

13日に行われた大学入試センター試験「地理B」で、「ムーミン」に関する問題が出題されました。

どの様な問題かというと「ムーミン」と「小さなバイキングビッケ」のどちらがフィンランドかを選ぶよう求めた物でした。

難題にツイッターでもムーミンに対する恨み節がつぶやかれているとのこと。

女優のミムラさんもその名前はムーミンに出てくるキャラクターから名前を取ったということです。

せっかくなので、ムーミンについて深堀と今も人気のムーミングッズについてみていきたいと思います。

スポンサードリンク

ムーミンって?その歴史

ムーミンは、フィンランドの作家、トーベ・ヤンソンの『ムーミン・シリーズ』と呼ばれる一連の絵本・小説および末弟トーベ・ヤンソンと共に描いた『ムーミン漫画』作品の総称。

また主人公である「ムーミントロール」の愛称です。

日本の多くの方は(私を含め)、きっとテレビアニメーションでなじみ深いと思います。

アニメでのムーミンの姿は、丸みを帯びたいでたちで、その姿から子供の頃は、ムーミンはカバがデザインだと思っていたのですが、実際は、トロールという妖精の一種でした。

北欧の物語にはトロールが割と良く使われているように思います。

小説の第1作目は1945年に発表された『小さなトロールと大きな洪水』、内容としてはムーミン母子が 失踪してしまったムーミンパパを捜す道のりを描いた作品。

その後もムーミンシリーズは発売され1970年の『ムーミン谷の十一月』がムーミンシリーズの最終作となる。

日本のアニメーションの「ムーミン」は1969年にフジテレビ系列にて放送開始。

ムーミンのキャラクターが日本に知られるようになりました。

1990年に『楽しいムーミン一家』がテレビ東京系列で放送開始。

続けて1991年から『楽しいムーミン一家 冒険日記』が同じくテレビ東京系列で放送されました。

2017年12月にはパペットアニメーションで『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』という映画上映。

現在の上映館はこちら

ムーミンの主な登場キャラクター

ムーミンのお話に登場している主なキャラクターです。

ムーミントロール

お話の主人公、好奇心旺盛で人当たりの良い男の子。彼にとって世界は楽しくて不思議なことでいっぱい。海で石や貝殻を拾い集めるのも大好きです。

ムーミンパパ

男らしく、大の冒険好きで、ムーミン谷で起こるたくさんの驚くべき出来事や事件は、いつどこにでも駆けつけて目撃したいと思っています。また、哲学的な思考を好むムーミンパパは、ムーミン家の主人であることを誇りに思っていて、広い分野にわたる豊富な知識を元に、皆にアドバイスや助言をするのが大好きです。

ムーミンママ

些細な事でくよくよ悩んだりしない、いつでも冷静で、落ち着いている、しっかりもののムーミンママ。ムーミン屋敷がいつも家族や友だち、お客さまにとって、安全で、愛に満ちあふれた場所であるのは、このムーミンママのおかげです。

スノークのお嬢さん(アニメはノンノン、フローレン)

ムーミンの大事なお友達。ムーミンとはお互い好き同士で、いつも一緒です。ハッピーでエネルギッシュなスノークのおじょうさんですが、気分屋の一面もあり、ムーミンたちはそんな彼女に困ってしまうことも。

ちびのミイ

ムーミンファミリーと共に、 ムーミン屋敷に住んでいます。ちびのミイは勇敢で怖いもの知らず、 ムーミンの冒険の旅に一緒に行きたくてしかたがありません。秘密や事件が大好きです。

スナフキン

思索を好む放浪者。ハーモニカを吹き、釣りをし、世界中を旅します。身軽に生きて行くことを好むスナフキンの荷物は、リュックサックひとつのみ。必要なものが全て入ったこのリュックサックをもって、どこへでも出かけます。

スニフ

ムーミン一族ではありませんが、ちびのミイと同様、ムーミン屋敷に住んでいます。ムーミンが試みることは、どんなことでも興味を示して、一緒にやりたいと思っていますが、臆病な性格が邪魔をしたりします。たまに意気地のなさが気になりますが、ムーミン谷のとても良い仲間です。

ミムラのお姉さん

ちびのミイの姉でスナフキンの異父姉。母親はミムラ夫人です。優しくて面倒見の良い、一番上のお姉さん。妹のちびのミイとは異なる点が多いミムラねえさん。ちびのミイよりもはるかに穏やかで、マイペースなロマンチスト。

ムーミン関連ショップ

ムーミンの世界観を感じながら、お茶や食事が出来るお店が有ります。

ムーミンカフェ

ムーミン関連グッズを扱っているお店はこちら。

ムーミンショップ

その他目についたグッズを紹介します。

ムーミン ぬいぐるみ 抱き枕 リラクゼーション グッズ プチギフト

価格:4,104円
(2018/1/14 11:53時点)
感想(0件)

ムーミンの抱き枕!とてもかわいいですね。

【送料無料!】 フィンランドMartinex社製 ムーミンハウス ~ムーミン一家のフィギュア9体付き~

価格:11,340円
(2018/1/14 11:54時点)
感想(272件)

とってもかわいいムーミンハウスとフィギュア、家具のセットです。付属品が充実しているのでたくさん遊べます。ムーミン生誕の地フィンランドのMartinex社製。

Arabia アラビア ムーミン マグ True to its origins 300ml マグカップ トゥルー・トゥ・イッツ・オリジン

価格:3,380円
(2018/1/14 11:58時点)
感想(1件)


「ムーミン谷の11月」と「ムーミンパパ海へ行く」からの一コマが描かれています。
モノトーンをベースとした静かな色使いで描かれたキャラクター達が今までのシリーズとは一味違った一面を見せる作品になっています。

Arabia アラビア Moomin ムーミン谷 ムーミンバレーマグカップ 300ml moomin valley

価格:3,380円
(2018/1/14 12:04時点)
感想(11件)

フィンランド独立100周年を記念して作られた特別なムーミンマグ「ムーミン谷」。
今作の絵柄はトーベ・ヤンソンが生前に作品の多くを寄付したタンペレムーミン谷美術館の所蔵作品の中から選ばれたものです。
以前までのマグの印象とは違い、淡く柔らかな色使いでムーミン谷の様子が豊かに描かれています。

さいごに

ムーミン問題の恨み節に対してムーミンの公式サイトでは、もっと知られるよう頑張りますと発信しています。

思わぬところで話題の中心となったムーミンですが、これを機会にムーミンの原作を手に取ってみるのも良いのではないでしょうか?

ムーミンとほしにねがいをかけよう / トーベ・ヤンソン 【絵本】

価格:1,512円
(2018/1/14 12:39時点)
感想(0件)

ムーミン谷の夏まつり 講談社文庫 / トーベ・ヤンソン 【文庫】

価格:535円
(2018/1/14 12:40時点)
感想(0件)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする