海や川遊びの際にはライフジャケットを着用しよう

夏本番に入り海や川遊びをすることを考えている方もいらっしゃると思います。

ただ、そういう時期になると水難事故が増えてきます。

水難事故は年齢に関係なく発生します。

普段から水に関わっていない自分たちにとって、海や川の怖さはあまりわかっていないと思います。

水難事故のニュースを聞くことで具体的ではなく感覚的に怖さを感じるくらいです。

そこで、今回は海や川で遊ぶ際に命を守るであろうライフジャケットについてお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

誰でも溺れる可能性がある

私はもともと泳ぎが得意ではないので水に対しては警戒するほうなので海水浴に行っても無理はしません。

足が届かなくなるくらいに深い所にはあまり長居しませんし、潮に流されていると思ったら早めに戻る様にしてます。(ちゃんと海を満喫してますよ(^ ^))

泳ぎが上手な人がおぼれることはあるのでしょうか?

絶対ないとは言えません。

突然の体調不良だとか、足がつってしまうとかもあると思いますが、泳ぎが得意な人で溺れる事象で考えられるのは、人を助ける時だと思います。

泳ぎが得意なゆえに助けに向かい一緒に溺れてしまうという悲しい事故のニュースは少なくないと思います。

ライフジャケットの着用は重要

海や川の怖さを知っているプロの方々は常にライフジャケットや万が一の際に浮力を得られる装備をしています。

プロがきっちり装備をしているところに素人が軽装では事故が起きるのは当然でしょう。

磯遊びや川遊びにはライフジャケット等の装備は必須であると思います。

親の見張りが軽減できる

通常、家族で遊びに行くと子供が危険なことをしないか危険な所に行かないか親は監視をしていないといけないと思います。

子供が小さければ、行動範囲もそれほど大きくないので良いと思いますが、ある程度大きくなると好奇心もあるので遠くまで行きたくなりますし、目を離した途端見失う可能性もあります。

ライフジャケットがあれば溺れる心配が軽減するので監視に注力に費やすエネルギーは少なくなると思います。(もちろん放置はダメです)

どんなものを選べばよいか

今回は海や川で遊ぶことを想定しているので、救助用のライフジャケットではなく、水に入った際に浮力を補助するものについてご案内したいと思います。

色は好みがあると思いますが、なるべく派手にしておいたほうが目立ちます。

フローティングベストといわれる種類のものになります。

水遊び用のものを選びましょう。用途が異なるといざという時やまた普段のメンテナンスも変わってきたしまいます。

子供用のジャケットを選ぶ際にはついつい成長を見越して大き目を選んでしまいたくなりますが、大きいと脱げてしまう恐れがあるので、適性なサイズのものを選びましょう。

救助の際に引っ張り上げるときに水中で脱げないようにするための股下ベルトがあると良いでしょう。

さいごに

せっかくの楽しいレジャーが悲しい出来事にならないために海や川で遊ぶ際には十分な装備をしましょう。

また、当然のことですが体調がすぐれない場合は無理はしないようにしましょう。

飲酒しての入水は大変危険なので絶対にやめましょう。

安全に楽しみいい夏休みを過ごしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする