ニンテンドースイッチソフト|ARMS(アームズ)熱くなる闘い!

6月16日発売されたニンテンドースイッチ対応ソフト、ARMS(アームズ)を

購入したのでご紹介したいと思います。3月3日にニンテンドースイッチ本体が

発売され、対応ソフトは随時発売されています。

私が購入したソフトは、「1-2-スイッチ」、「マリオカート8デラックス」

に続いて3本目のソフトとなります。

スポンサードリンク

ARMS(アームズ)ってどんなゲーム

「ARMS(アームズ)」は腕が”バネ”になっているキャラクターがパンチを

繰り出し戦うという格闘ゲームです。

腕が”バネ”になっているので人間なんだかロボットなんだか良く分からない

ですが、ヒーロー、アイドルからほんとにロボットや実験生物など個性豊かな

キャラクターたちを選択することが出来ます。

ARMS(アームズ)の特徴

「ARMS(アームズ)」の操作方法はニンテンドースイッチのコントローラー

Joy-Conの特性を生かしたものとなっています。

右コントローラーが右手、左コントローラーが左手となり、右手を突き出すと

右パンチを打ち、左手を突き出すと左パンチを打ちます。さらにコントローラを

前に傾けると前進し、後ろに傾けると後退。ㇵの時に構えると防御と

コントローラーの傾きによってキャラクターが操作できます。

また、それぞれのキャラクターがセットできるアームはたくさんあるので、

何をセットするかも有用な戦略となります。

ちなみに私はパワーよりスピード重視なので多少威力は落ちても手数で

勝負できるアームを選んでいます。

アームズ(アームズ)の内容

先ほども述べたように「ARMS(アームズ)」には10名の個性的なキャラクターが

います。いくつかのモードがあるのですが、ゲーム内容で一番、オーソドックスなのは

”グランプリ”モード。10人の相手と対戦するモードです。10人目はグランプリを

開催した”マックスブラス”というキャラクターとの戦いです。それに勝つと優勝という

事になりエンディングとなります。

キャラクターを選択するとゲームレベルを選択します。レベル1であれば問題なく

クリアー出来るでしょう。レベル4をクリアーするとネットワークでランキングに

チャレンジすることが出来るようになります。

ちなみに私はまだレベル3をやっとクリアーしたレベルなのでもうちょっと時間が

掛かりそうです。

ネットワークにつないで対戦

「マリオカート8デラックス」もそうですがネットワークにつないで他の

ユーザーと対戦することが出来ます。マリオカートの時は、妨害として

アイテムを投げたりしますが、今回は1対1の戦いとなるので結構緊張します。

さいごに

「ARMS(アームズ)」は今までの格闘ゲームのように複雑なコマンドを

入力しないと技が出ないようなゲームではなく腕の振りとボタンを押すだけで

ジャンプやダッシュ、技を出すことが出来るので初めてでも楽しめるソフト

です。Joy-Conが感度が良いので思わぬ動きをしてしまうこともあるかも

しれませんがそれも慣れてくれば問題ないと思います。

コントローラーを追加して2人対戦というのも楽しいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする