眠気防止飲料|中毒にならないため接種方法に注意!摂りすぎると危険?!

深夜に仕事をする方や、締め切りに追われ眠気をはらわなければならない人

試験前の勉強追い込みの方やドライバーの味方となる眠気防止飲料や薬。

その多くにはカフェインが含まれています。そのカフェインを多く含んだ

薬や清涼飲料の過剰接種によりカフェイン中毒になってしまうという報告が

あるそうです。

スポンサードリンク

カフェイン中毒の状況、誤用、乱用に注意

カフェインを多く含んだ眠気防止の薬や清涼飲料の過剰摂取による中毒で

2011年度から5年間に少なくとも101人が病院に搬送され、そのうち3人

は亡くなっているという実態が報告されています。

カフェインには興奮作用があります。それにより集中力が上がったりする事

で仕事の効率が上がることがありますが、短時間に大量摂取すると

吐き気や心拍数の増加や興奮などの中毒症状が現れます。個人差も有ります

が、成人では1グラム以上で症状が出る方もいるそうです。

カフェインの摂りすぎで重篤な状態になることが認識されていないので

過剰摂取させないために1回に買える上限を設定するべきと考えている

方もいらっしいます。

カフェイン中毒の中心は若者

コーヒーと同程度のカフェインを含むエナジードリンクは各社がここ数年、急速に

販売を広げており自動販売機でも販売しています。眠気防止薬も市販薬の中では

副作用などのリスクの少ない区分の「第3類」となっています。そのため、いずれも

入手しやすく、カフェインを摂取しやすい状況です。

カフェイン接種による効果である、覚醒作用、興奮による集中力向上というように

効能が接種して直ぐ体感できることによりさらにその効果が高いものやその効果を

さらに維持しようとしてエナジードリンクや眠気防止薬を継続的に接種してしまう

ことにより中毒化してしまうと考えられています。

カフェインの効能

カフェインをとることによって以下のような効果があります。

1.覚醒効果

一番ポピュラーな効果です。注意点は飲んですぐ効果が表れるわけではなく

接種後30分後から効果が表れるので、効果の出るタイミングを計算し接種する

のが良いでしょう。

2.運動の持続力の向上

カフェインには脂肪分解や脂肪燃焼を助ける働きがあるということで運動持続

力が向上するそうです。(なので自転車競技などでは摂取量によってはドーピ

ングチェックに該当することがあります)

3.疲労回復

大脳の精神機能を高揚させるので、疲労感を解消する作用があります。

カフェイン中毒にならないために

カフェイン中毒にならないために大切なのは、用法用量を守ることです。

眠気防止ドリンクは医薬品ではなく清涼飲料に該当するので基本的には用量

用法の表示の義務はないようですが、「メガシャキ」や「強強打破」は容器に

1日当たり1本を目安にと自主表示しています。このことからも必要以上に

摂取しないことが大切です。眠気が襲ってきた場合は、眠気覚ましのツボを

押すなどのようなカフェイン接種以外の方法で眠気対策を行いましょう。

まとめ

カフェインの接種により仕事の効率や眠気対策になりますが、何事もそうですが

「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざもある通り、適量を守らなければ

薬も毒になってしまいます。用量用法をまもり上手に付き合いましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする