パンクしない自転車?!その構造、乗り心地は?

自転車に乗っていて不安になることの代表はタイヤのパンクだと思います。

もちろん、きめ細かいメンテナンスを行うことでその確率は減らすことが出来ますがタイヤの構造上、パンクによるトラブルは避けられません。

ところが、まだ開発中ではありますがタイヤメーカー大手のブリヂストンとブリヂストンサイクルが共同で「パンクしないタイヤ」を開発中ということですので、わかっている範囲でその内容をお届得したいと思います。

スポンサードリンク

なぜパンクする?タイヤの構造を考える

そもそもタイヤはなぜパンクするのだろうか?自転車だけでなく自動車のトラブルの上位にもパンクはランクインしています。

ここでは自転車のタイヤの構造について確認したいと思います。

一般的な自転車のタイヤの構造は簡単にいうと路面に接地している外側のゴムとその形状を空気で維持するための別のチューブがタイヤの中にあります。

空気でタイヤの形状を維持している為、例えばガラスの破片や釘やネジなど鋭利な物を誤って踏んで穴をあけてしまうと空気が漏れタイヤの形状を維持できなくなってしまうのです。

パンクしないタイヤ!その構造は?

ではパンクしない為にはどういう構造にすれば良いのでしょう。

形状の維持に空気を使用しなければ良いということになりますが、昔のように固形ゴムにしてしまうと乗り心地やコストに問題が出ます。

そこで今回開発されているタイヤのコンセプトが”エアフリー”

タイヤの内側に当たるホイール部分は高い強度と柔軟性のある熱可塑(かそ)性樹脂で出来ていて路面との接地面に当たる外周部にゴムが張られているという構造。

その形は一つ一つがスプーンのような形をしていてこの部分が従来のタイヤのチューブの役割を果たし衝撃を吸収しているようです。

パンクしないエアフリータイヤ 乗り心地は?

残念ながら実車に乗ることが出来ないので、情報をまとめると平坦な場所を走行した際は従来のタイヤと比較して差は感じられなかったようです。

段差を通過する際には、エアフリーのほうが衝撃が残ったように感じたということです。

これもフレームの剛性を含めて完成車として出せば問題ないのではないかと思います。

安定性については、エアフリーのほうが良かったということです。というのも作成時に安定性を重視したということでタイヤと路面の接地面を広くするため扁平にしてあるということです。

エアフリーはタイヤの断面の形を比較的自由に設計できると言うことで、スピードより安定性を重視する利用者向けに考えられているようです。

エアフリー 発売時期やサイズは?

今回、ご案内したエアフリータイヤの発売時期は、2019年を予定しているということです。タイヤのサイズについては20インチなどを検討しているらしいです。

詳細は分からないのですが試乗する機会もあるようです。

6月に横浜市で開かれるイベントでエアフリーを試乗することが出来るらしいです。

まとめ

発売時期はちょっと先であるエアフリータイヤ。おそらく発売時は今までのタイヤに比べて価格は高くなってしまうでしょうが、広く浸透し生産数が増えれば価格も下がってくるでしょう。

扁平率が変えられるということなのでタイヤの扁平率を高くして幼児用の自転車に装着されれば転倒しずらくなるので早くに補助輪が外せるのではないでしょうか。

6月の横浜のイベントをチェックして試乗してみたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする