自転車の保険|入るべき?!入る前に知っておこう

自転車

自転車も法的には「車両」であり交通ルールを守らなければならないと”交通ルール 自転車に乗るうえで今更聞けない基礎知識” でお届けしましたが今回は自転車に乗るにあたって、またお子さんが一人で自転車に乗り行動範囲が広くなる際に万が一の際に備えて加入しておいたほうが良い保険についてお届けします。

スポンサードリンク

自転車での必要な補償とは

まず、考えなければならないのは、上記のように自転車で歩行者を死傷させてしまった場合や所有物に損傷を与えてしまった場合の相手に対する賠償と自転車に乗っている自身のケガに対する補償です。

自動車保険に置き換えた場合その補償は、自動車事故で人に対して死傷させてしまった場合の「対人賠償」、自動車事故で相手の所有物(車、家の壁、等)を損傷してしまった場合の「対物賠償」、そして自動車事故で運転者や同乗者が死傷した場合の補償の「人身傷害」があります。

決して低くはない賠償額

覚えていらっしゃる方もいると思いますが当時、小学生の少年が自転車で走行中歩行者をはねてしまい寝たきりの状態にしてしまったため、その保護者に対し監督義務を果たしていなかったとして、9500万円に賠償金の支払いを命じたケースがありました。

自転車に乗った場合、車に対しては交通弱者の立場ですが、歩行者に対しては逆に強者側になるということを認識しなくてはなりません。

自転車に乗る際に加入するべき保険種類は

自転車事故における高額賠償の判決が出たことで、各損害保険会社は「自転車保険」を販売し始めました。

そのほとんどが、相手に対する賠償補償である「個人賠償補償」と乗っていた人のケガを補償する「傷害保険」のセットで成り立っています。

個人賠償補償とは

日常生活において他人の財物や他人をケガさせてしまった際に賠償しなければならない賠償金を補償する保険です。

1契約について本人、配偶者、同居の親族、生計を一にする別居の未婚の子、までが補償の対象となります。

この保険は単独で加入することが出来ません。自動車保険や火災保険や傷害保険の特約として付帯する補償となっています。

傷害保険とは

人が急激かつ偶然な外来の事故によってケガをした際に、死亡または後遺障害。

医師の治療をうけた場合に保険金が支払われます。

繰り返しになりますが「自転車保険」は上記2つの補償がセットになったものがほとんどです。(傷害保険とその特約として個人賠償保険)

自転車保険加入するその前に

自動車を購入した場合には必ず「自動車保険」に加入する必要がありますが自転車保険は必至であるとは限りません。

自転車保険に入る前に現在、加入している保険契約内容を確認しましょう。

個人賠償保険は特約でのみ付保可能です。既に自動車保険や火災保険で加入している場合は、そちらが使えるので新たに入る必要はないでしょう。

特に自動車保険の特約の個人賠償は保険金額が国内無制限が多いですし保険料もそれほど高くはありません。

仮に自動車保険や火災保険での付保がなかった場合、特約で追加加入も可能ですので、代理店に相談したほうが良いでしょう。

傷害保険についても同様に、現在加入している保険証券の内容を確認しケガの補償があるかどうかを確認しましょう。

そのうえでやはり必要となった場合に検討したほうが良いと思います。

まとめ

自転車も車両ですので万が一の際には他人に対する賠償に備える必要があります。

その際に新しく保険に加入するのではなく、既存の保険に特約が付保されているかどうかを確認することで無駄な契約をすることがなくなります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする