自転車の交通ルール!今更聞けない基礎知識

車を運転していたり自転車に乗っていたり歩行者として歩いていたりして自転車について思うことが多々あります。

まとめて言えば・・・

「交通ルール守れよな」。

自転車乗りのはしくれとして言いたいこと沢山あります。

が、ふと考えてみると自転車についての交通ルールって聞いたこと子供の時聞いたことあっただろうかと・・・

自分はスポーツ自転車を乗っているのでルールを知ってますが、そうでない自転車はただの道具という人は便利ということだけで乗っているかもしれないので自転車における道路交通法など知らないのではと思ったので今回は自転車の交通ルールについてお届けします。

スポンサードリンク

 自転車の交通ルール

まず、認識しなければならないことは、自転車は車やバイクと同じ『車両』であることです。なので原則、車やバイクと同じように車道を左側通行しなければなりません。

また指示がない限り車両進入禁止や通行止め、一方通行などの標識にも従わなくてはなりません。信号守る事は当然のことです。

しかし、守っていない人もいるのが現実です。ルールを守ることは自転車にとっても車にとっても交通事故を減らすために必要なことですので確認しておきましょう。

車道が原則、歩道は例外

先ほども言いましたが自転車は車両。基本的には車道を走らなければなりません。

ただし、13歳未満の子供や70歳以上の方、体の不自由な方については歩道を走行することが許されています。

これは小さい子供には車道を走行する上での判断力等が備わっていない場合がある為です。

また高齢の方については判断力や反応が鈍って言うことがあるので例外として認められています。

または、歩道に一定の広さがあり「自転車歩道通行可」の標識がある場合は走行可能。

その際は歩行者を優先し危険がある場合にはすぐに停止できる速度で走るこ必要があります。

さらに歩道の車道寄りを走行します。

また走行自体が危険な場合は自転車をおりて押して歩くこととなっています。

もう一つの例外としては道幅が狭いため自転車が車道を走行すること自体危険な場合があります。

車道は左側通行

自転車は中央から見て左側を走行することになっています。違反をした場合罰則があります。

車道に自転車道がある場合は工事等で通行できない場合を除きそこを走らなければなりません。

並走禁止

2台以上で横並びになって走行することは禁止です。知り合いや友人と走行する際には、縦になって走行しましょう。

夜間はライト点灯

夜間の走行にはライトが必要です。前は白、後ろは赤のライトを装備しましょう。

車や他社からの視認性を上げるために重要なので早めの点灯を心がけましょう。

二人乗り禁止

未就学児をチャイルドシートに乗せること以外、自転車の二人乗りは禁止。

信号無視禁止

言うまでもなく信号は守りましょう。

たとえ交通弱者側であったとしても信号無視であった場合、過失割合が10対0になるこはありませんし無視した側が過失が高くなることもあります。

信号無視をしたところで目的地にそれほど早くつくものではありません。

むしろ安全に走ることのほうが大切です。

飲酒運転禁止

何度も言いますが自転車は「車両」です。お酒を飲んでの自転車運転は違反です。

その他の注意

交通ルールとは違うのですが、自転車で車道を走行する上で気を付けたほうが良いことをいくつか紹介します。

滑りやすい場所

路面が濡れている場合に注意が必要なのは、路側帯や横断歩道の白線。

とても滑りやすいのでハンドルやブレーキは注意です。

マンホールも濡れているときはもちろん乾いているときも滑りやすいのでここも注意です。

舗装の継ぎ目や段差

舗装路もつなぎ目や陥没などの凹凸があるので注意。危なそうな路面は避けましょう。

自動車から見えづらい

2輪車は自動車から見落とされることが多いので目立つような服装をしましょう。

まとめ

繰り返しますが自転車は車両です。

ルールを守らなければ周りを危険に巻き込む事になることを認識しましょう。

また自転車に乗り始めたお子さんがいる方はお子さんが自転車で交通事故に巻き込まれない様にするために気を付けなければならないことを教えてあげていただければと思います。

不幸な事故が無くなるようにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする