よこはま動物園ズーラシア|楽しみ方について

息子が保育園を卒園し、入学式まで少し時間があったので

リクエストにより”よこはま動物園 ズーラシア”へ行きました。

春休みも終わりということもあり、月曜日に行ったのですが想像していたよりも

たくさんのお客さんが来ていました。

よこはま動物園、ズーラシアとは

よこはま動物園ズーラシアのテーマは「生命の共生・自然との調和」をメインテーマとした

動物園です。世界の気候帯、地域別に8つの展示ゾーンに分かれていて

オカピやテングザルなどの希少動物などの展示を行っています。

ズーラシアの展示エリアについて

ズーラシアの動物展示は気候帯や地域別に8つのエリアに分かれています。

正門から入った場合に順に記載していきます。

  • アジアの熱帯林
  • 亜寒帯の森
  • オセアニアの草原
  • 中央アジアの高地
  • 日本の山里
  • アマゾンの密林
  • アフリカの熱帯雨林
  • アフリカのサバンナ

各動物の展示スペースがゆったり作られていたりそれぞれの動物展示に距離が

1日ですべてを見るのは大変だと思います。

ズーラシアの楽しみ方

動物園の楽しみ方はいろいろあると思います。たくさんの動物たちをいっぱい見て回る

楽しみ方や1頭の動物をじっくり観察するなどいろいろ好みがあると思います。

私のおすすめは、一部の動物に設定されている”飼育係のとっておきタイム”です。

これはその動物を担当されている飼育係の方がその動物について説明してくれるもので

その時は大体、その動物の食事を持ってくるので普段、檻や展示スペースの奥のほうに

いる動物たちも目の前にやってきてよく見ることが出来ます。

説明を聞くことでその動物のことを知ることもできるし疑問があれば質問することもで

出来ます。

”飼育係のとっておきタイム”は入り口のイベントガイドに対象の動物と時間が載ってます

ので時間をチェックし園を回ると充実した1日が過ごせると思います。

子供たちのお気に入り

ズーラシアの中には遊具のある広場がいくつかあり、子供たちには大人気なようで

いつ行っても大盛況です。

”アマゾンの密林”ゾーンの所に”わくわく広場”があります。

動物を見飽きた子供たちが全力で遊んでいます。滑り台やロープで作った遊具なども

大人気です。近くにはベンチや飲料の自動販売機もあるので親はそこで子供が

遊ぶのを見ているという感じです。

もう一箇所は”アフリカのサバンナ”ゾーンにある”サバンナの遊び場”です。

こちらは北門から入って割とすぐ近くにあり先ほどの”わくわく広場”ほど広くはないのですが

背の高い複合遊具が1つあるだけなのですが、ネットや滑り台、ロープなどが1つになっている

のでこちらも結構人気の遊具です。

うちの子供も両方好きです。ただある程度の所で切り上げてもらわないと途中でおんぶや

抱っこになってしまうのでそこは注意といったところでしょうか。(笑)

食事について

”オセアニアの草原”エリアに”オージーヒル”というレストランがあります。

北門から順次回って行くと大体、お昼頃にここに到着する感じです。ですので結構混みます。

ちょうどお昼ころになることを計算しているのかテーブルのあるベンチがあり、

またレジャーシートを広げられるスペースもあります。

”アフリカのサバンナ”エリアには”サバンナテラス”がありこちらでも食事を提供してます。

”アジアの熱帯林”にはフレッシュネスバーガーがあります。

入園料について

入園料は大人800円、高校生300円、中・小学生200円、小学生未満 無料。

もし、JAFの会員である場合は会員証を窓口に見せると割引料金で入園できるので利用した

方が良いと思います。

(JAFの会員割引は結構いろいろなところで使えるのでお得です)

さいごに

気温も暖かくなり、日ものびて動物園を楽しむにはいい季節になりました。

園の動物をくまなく見ていくのもいいかもしれませんが、ピンポイントで

数種類の動物をじっくり観察するのも楽しいと思います。

また、ズーラシアは森の中にあるので季節毎の木々の彩を楽しむことが出来ます。

ぜひ楽しんでみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする