ZIP!で紹介されたルビーチョコ!気になったのでローソンで購入

ルビーチョコ1

日本テレビで、朝から放送しているZIP!の”流行ニュースBOOMERS”のコーナーで紹介された、ルビーチョコレート。

紹介された商品を提供しているのが、東京ばかりだったので、ふ~んとしか思っていなかったのですが、最後にローソンのスイーツで販売していると聞いて早速購入してみました。

スポンサードリンク

ルビーチョコレートとは

普段、私たちが口にするチョコレートには多くの種類があるように思われていますが、実はベースとなるチョコレートは3種類しか存在しません。

その3種類とは、ダーク、ミルク、ホワイトです。

この3種類の中で最後に開発された、ホワイトチョコレートから約80年、新しいチョコレートが誕生しました。

それは、着色料や果汁パウダーを一切使うことなく、原材料のカカオ由来の鮮やかなピンク色とベリーのようなフルーティーな酸味が味わえる「ルビーチョコレート」です。

ルビーチョコレートは、南米などで栽培されているカカオにうち、「ルビーカカオ」と呼ばれる、厳選されたカカオ豆を原料として作られます。

スイスにあるチョコレート会社バリーカレボーが約10年にわたる研究開発を行い、ルビーカカオの持つ独特な発色を最大限に引き出す特殊製法を開発し、この新しいチョコレートが生まれました。

ローソンスイーツ、ルビーチョコレートのロールケーキ

ローソンで発売されている、「UchiCaféプレミアムルビーチョコレートのロールケーキ」。

この商品が発売されたのは、9月25日で、ZIP!で紹介されたのが11月6日。

それまでに何度もローソンには足を運んでいましたが、この商品には気が付きませんでした。

テレビの影響で売り切れてるかな~と、期待しないでローソンに行ったところ、売っていたので購入。

早速、夕食後に食べることにしました。

ルビーチョコ1

ピンク色がきれいなパッケージになっています。

ルビーチョコレート2

チョコレートは後乗せで、別パッケージとなっています。

ルビーチョコレート3

チョコレートを乗せるとこんな感じ。

チョコレートだけでなくスポンジにもルビーチョコを使用しているということです。

チョコレートの色を見ると、ピンク色なので経験上この色のチョコレートはストロベリー味を想像してしまいます。

けれども、チョコレート単体で食べてみると、まったくベリーの味はせず、始めチョコレートの甘い風味を感じ、その後ルビーカカオのものと思われる酸味が感じられます。

ケーキのほうは、ベリーソースがクリーム中にあり、クリームの甘さとマッチして美味です。

さいごに

テレビ番組で、紹介された新しいチョコレート、「ルビーチョコレート」。

ローソンでは、発売中のロールケーキに続き、11月3日に「ルビーチョコのショコラケーキ」を発売します。

ロールケーキに乗っているチョコレートはチョット小さいので、もっとルビーチョコを味わいたいです。

ネスレから発売されている「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」がルビーチョコを使っている商品です。

ネットで購入できるので検討中です。

ネスレのサイト(https://nestle.jp/brand/kit/chocolatory/ruby/

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする