喪中ハガキはいつまでに投函?喪に服す範囲は?

菊の花

身内に不幸があった場合は喪中とし、その期間は慶事を避け喪に服しますので、年賀状を出しません。

年賀状を出さないことを事前にやり取りしている方にお知らせするのが、喪中ハガキです。

喪に服さなければならない親族の範囲や喪中ハガキを出す時期について、そして喪中ハガキの文例についてご紹介します。

スポンサードリンク

喪中ハガキとは

喪中ハガキとは、身内に不幸が有り喪中なので、その期間は慶事を避け喪に服しますので年賀状は出しませんということを知らせる、年賀欠礼の挨拶状です。

喪中には、近親者などの死の為、その悲しみにより慶事に関わる気持ちになることが出来ないという期間という意味が有ります。

また、死は”けがれ”の一種であるとして、その”けがれ”が他の人に移ることの無い様に一定の期間、世の中とのつながりを避けて家にこもるという意味を持つ場合も有ります。

喪中ハガキはいつまでに投函するか

喪中ハガキは、先ほども述べたように年賀欠礼の挨拶状です。

そのため、相手が年賀状の準備を始める前に届くように発送する必要が有ります。

そのため、12月の初旬には相手に届くように送れるよう手配するのが良いでしょう。

相手の方に迷惑をかけないようにするためにも、11月の早い段階から12月初旬、15日までに届くように投函することをお勧めします。

12月15日までに出せない場合には

12月にご不幸があった場合など、やむをえずその時期に喪中はがきが出せずに遅くなってしまった場合は、 松の内が明ける1月7日ごろから「寒中見舞い」としてご挨拶されるのが良いでしょう。

「寒中見舞い」は、松が明けてから大寒の最後の日である「節分」までに送る習わしが有りますので、1月8日から2月3日目でに送りましょう。

喪中となる親族の範囲は?

喪中となる親族の範囲は、基本的には2親等以内の親族が亡くなった場合となります。

故人との関係で2親等に当たる続柄は次の方が当てはまります。

故人の1親等:両親、配偶者、子

故人の2親等:兄弟姉妹、祖父母、孫

3親等以上の場合でも、同居や親しい間柄の場合は、喪中にする場合が多いようです。

喪中の期間

喪中の期間は、配偶者、父母が無くなられた場合、1年間を喪中とするのが一般的です。

祖父母が亡くなられた場合は、半年以上前であれば、喪中としなくても良いとされますが、同居していたり親しい間柄であった場合など、その死を悼み、心情的に新年をお祝いする気持ちになれないときは、喪中とする事もあります。

他の親族の場合も同じです。

喪中ハガキを送るかどうかの判断は

喪中ハガキを送る対象者は、基本的には普段年賀状をやり取りしている方になります。

故人の葬儀で喪主を務めた場合には、故人と生前に年賀状のやり取りをしていた友人や知人、葬儀の参列者にも送付します。

喪中であることを知っている親族や親せきなどには送る必要は有りません。

永眠を知らせることで余計な気遣いをさせたくない相手や仕事関係者には、喪中はがきではなく、年賀状を出す場合もあります。

会社名で出す年賀状は、たとえ社長が喪中でも欠礼しないのが普通です。

喪中ハガキ印刷サービスのご紹介

インターネットで、喪中ハガキの印刷を手配できるサービスをご紹介します。

”喪中はがき 印刷 専門店『挨拶状ドットコム 喪中はがき”です。

インターネットでデザイン、文面を選んで喪中ハガキを作成したら、挨拶状ドットコムが印刷を行い、自宅に納品するものです。

デザインも、モノクロ(35種類)、スタンダード(45種類)、薄墨(15種類)、はながすみ(20種類)、スタイリッシュ(40種類)と豊富です。

納期は商品は、注文受付日の翌営業日に出荷!注文から最短2日程度で到着します。

デザイン面と一緒に、宛名面の印刷もおまかせすると、今なら宛名基本料金0円キャンペーン実施中です。(2018年12月25日まで)

喪中ハガキの作成は挨拶状ドットコム

まとめ

・喪中ハガキは、相手が年賀状を準備する前の、11月から12月上旬に届くよう手配

・喪中の範囲は、基本、2親等以内(両親、配偶者、子、兄弟姉妹、祖父母、孫)

・喪中ハガキを送る相手は、基本的には普段年賀状をやり取りしている方

・故人の葬儀で喪主を務めた場合、故人と生前に年賀状のやり取りをしていた友人や知人、葬儀の参列者にも送付

・喪中ハガキの印刷は、ネットで注文できる、喪中ハガキの作成は挨拶状ドットコム

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする