自転車交通安全教室!小学生の死亡要因の上位!自転車の正しい乗り方を覚えて安全に

cycle
先日、息子の小学校で、自転車の交通安全教室が実施されました。

3年生と5年生が対象の物だったので、まだ2年生の息子はその教室には参加していなかったのですが、私はサポーターとして参加してきました。

自分が小学生の頃は、自転車で出発する前の乗車前訓練と走行訓練ぐらいだったと記憶していたので、きっと教習所みたいな想定走路を走らせるだけかと思っていたのですが、今の交通安全教室はこんなことをするんだと、チョット驚きの内容でした。

スポンサードリンク

自転車安全教室

自転車安全教室の内容は、実際に町中を走っている前提で、まず車道を走行の想定と自転車通行可の歩道を走行の想定の2種類を実施。

車道走行は、交差点の通過、路上駐車車両があった際の対応、一時停止箇所の対応という内容。

歩道走行は、一時停止箇所、歩道上に停めてある車両があった場合の対応、横断歩道の渡り方、歩道の走り方、という内容。

そして、実際に車を使った、死角、巻き込み事故、衝突事故の実験を行いました。

自転車実地訓練

保護者が用意した、約20台ほどの自転車を使って、各児童が自転車に乗って指定したルートを走行します。

要所ごとに保護者が立っており、その場での確認事項(例えば、乗車時にまたがる前に後方確認する等)の説明と実際できているかを確認していました。

乗車時の確認は基本的にはすべて右、左、右、後方確認のうえスタート。停車後、降車の際も後方確認。というものでした。

コース上の交差点には信号も用意され、時間でちゃんと信号が変わるようになっており、動作の確認に気を取られていると赤信号で走り出してしまうなんてこともありました。

自動車の免許を取る為に教習所に行ってた時のことを思い出しました。

見られているからか、子供たちはチョット緊張した面持ちで自転車に乗っていたように思いますが、たまにはこういうのも必要だと思いますね。

あと、一つ気づいたことで、子供たちの自転車のブレーキングがチョット遅いということ。

2つ理由が考えられます。

  1. 経験が少ないので、ブレーキングポイントが分かっていない
  2. 握力がまだ弱いため、ブレーキレバーを握り切れない

たまに見る、曲がり角で飛び出してくる自転車の子供。理由の1つにブレーキングがあるのではないかと思いました。

1、については経験が必要なので、危険のないところで速度と止まる距離の感覚を練習することが必要です。

2、についてはきっちり握れる様、ブレーキレバーの幅の調整をする。また1、のように自分が握れる力では、どのくらいで止まれるかを練習する必要があると思います。

実車を使用した死角、巻き込み、衝突実験

今回、サポーターとして参加して良かったと思ったのは今の交通安全教室ではこんなこともするんだというのを見ることが出来たことです。

自動車の死角、ドライバーから見ることが出来ない個所というのは、息子が保育園の時に行われた安全教室でも行っていたので知っていたのですが、巻き込みと衝突実験は衝撃的でした。

巻き込みは、自動車には内輪差があるので、交差点などで信号待ちや車の通過待ちをする際に車道に寄りすぎない様にということを理解してもらうために、交差点に見立てた、曲がり角に段ボールで作った人形を置きます。

警察の交通安全課の人がワンボックス車を運転し左折、内輪差で車体の真ん中過ぎから人に見立てた人形が車体に巻き込まれました。巻き込まれた人形は当然の事ながらグッチャグチャになり、子供たちからは声が上がりました。

もちろん、内輪差による巻き込みを意識してもらうためのハンドル操作ですが、危険であることはかなり伝わります。

さらに衝撃的だったのは、衝突実験。

まず、衝突実験の前に、車両を時速40キロで走行させ急ブレーキ!

砂地だったこともあり、ブレーキをかけてもそこから十数メートル進んでしまうというのを子供達に認識してもらったうえで、段ボールで作った人形を車の前に飛び出させるという実験を行いました。

子供たちは4か所に分かれてその実験を見ていたのですが、4か所のうち2組はその衝突の瞬間は車の斜め後ろから見る感じになるのですが、前の2組は前から見るので人形が吹っ飛ぶさまをもろに見ることになりました。

交通事故が怖いという意識を持ってもらうにはいいのかもしれませんが、トラウマにならなければいいなと思うくらいの衝撃的な実験でした。

これは車を乗り入れることの出来る広い校庭があるからこそできる実験ですが、映像での体験よりもインパクトがあり記憶には残ったのではないかと思います。

さいごに

小学生になって自転車に乗りこ動範囲が広くなれば当然、交通事故が気になります。

学校での安全教室もとても重要だと思いますが、親である我々も子供たちに交通ルールを教えることや町中で気を付ける場所を一緒に考えることも大切だと思いました。

車を運転する我々も自転車が飛び出してこないか、注意することも重要でしょう。

同時に、乗っている車両自体に不具合があっては安全の走行することが出来ませんので、自転車の最低限のメンテナンスは重要です。

ハンドルのがたつき、ブレーキの効き具合、タイヤの空地圧などのチェックは重要です。

交通事故は、加害者も被害者の不幸です。お互いに気を付けて事故の無い様にしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする