個人賠償責任保険のすすめ!ペットを飼われている方は必須!飼い主に賠償命令

dog

最近は、色々な動物をペットとして飼うことが出来るようになってきましたが、やはりペットの王道は猫、または犬ですよね?

犬といえば、平昌オリンピックで世界最高得点を記録したアリーナ・ザギトワ選手も秋田犬を飼いたいということでニュースにもなっています。

さて、今回は愛犬家にとって他人事で済まされない判決についてお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

愛犬の散歩中に

2015年の6月14日午前10時頃、大阪の60代の女性が飼い犬のミニチュアダックスフントを連れて散歩にでました。

最初はおとなしく散歩していたダックスフントだが、交差点の向こう側から、別の女性に連れられた柴犬がやってくると、急に興奮し吠え始めた。

柴犬を連れた女性は交差点を左折したが、ダックスフントは後を追い猛然と駆け出したため、飼い主の手からリードが離れてしまい、ダックスフントは柴犬めがけて駆けだした。

曲がり角から40代の会社員の男性が交差点方向にランニングをしていた。

男性は目の前を歩く柴犬を連れた女性をよけるために右にずれた瞬間、男性の足元に柴犬を追いかけて角を曲がってきたダックスフントが猛スピードで駆けこんできた。

女性を避けることに意識を取られていた男性は、驚きのあまり体のバランスを崩して側溝に落ちて転倒。救急車で病院に搬送、9日の入院を余儀なくされた。

結果、男性は右手首の複雑骨折とそのケガの為、右手首の可動域が狭まる後遺障害が残った。

1,284万円の賠償命令

男性は右手首複雑骨折とその後遺障害に対する損害賠償を求め、飼い主の女性に対し3,948万円の支払いを求める訴訟を大阪地裁に訴え出た。

大阪地裁は飼い主の女性の責任を認め、1,284万円の賠償命令を下した。

数ある賠償項目のうち、一番高額になのが「逸失利益」で867万円で、男性の右手首関節の可動域が狭まったとして後遺障害を認定。それによる男性の労働上の損失を算出した。

一般的に裁判で用いられる労働年齢の67歳までの分を合計した金額が支払われるためにこれほどまでに高額になった。

犬を飼っている人からすれば、「噛みついたり、襲ったりしたのであれば言い訳のしようもないが、触れてもいないにしては高額ではないか」と思われる方もあるかもしれません。

しかし、「民放718条」に『動物の占有者等の責任』という条文があり、『動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う』と明記されています。動物の性質として急に走り出すのは当然であるからこそ、飼い主には注意を尽くし、それによって他人に不利益が生じるのを防ぐ義務が課されているのです。

そして、被害者に対する賠償責任は『犬が被害者になにをしたか』ではなく、犬の行動によって被害者がおった損害がどのくらい大きいかによってはかられますので、今回の判決は被害者に後遺障害が残っているのと認定されたので、賠償額が大きいのはやむを得ないのです。

こんな時にも個人賠償責任保険

個人賠償責任補償特約は、自転車で他人をはねてしまった時に備えましょうということで注目を浴びており、自動車保険、火災保険、傷害保険に特約として付保できるものです。

今回、飼い主の女性に唯一の救いとなったのは、夫が加入していた自動車保険に「個人賠償責任補償特約」が付帯していたことです。

個人賠償責任補償は今回のような、ペットが歩行者にかみついたり、何かものを壊してしまったりして損害賠償が発生する場合でも、設定された金額を上限に補償されます。

なので今回、女性が原告男性に支払わなければならない賠償額は後日、全額保険金が下りることになるでしょう。

個人賠償補償特約は付保しても月額100円程度なので、犬を飼っているのならば金額を惜しまず付保しておくのが無難でしょう。

今回の件で、女性の夫が個人賠償補償を付保していなかったとしたら、1,284万円という巨額のすべてが自己負担になっていたので、人生計画が大きく崩れてしまうところでした。

さいごに

のどかだった昔であればいざ知らず、最近は法律に則ってきっちりと損害賠償を求められるケースが増えてきています。

飼い主はいつ何時、自分の犬が他人に損害を与えてしまうかは分からないので常に責任を意識しなければならないでしょう。

保険の加入状況を確認して、入っていなけれが保険代理店に相談してみるのをお勧めします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする