ひそねとまそたん【ひそまそ】キャラクター&キャスト公開!第1話のあらすじも

hisomaso

先日お届した、「ひそねとまそたん」の続報が届きましたのでお届けしたいと思います。

前回はまで主人公の”ひそね”と”ひそね”が搭乗するドラゴンのみがキャラクターとして公開されていたのですが、今回は”ひそね”以外のキャラクターとボイスキャストについてのご紹介と公開された第1話のあらすじについてもお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

「ひそねとまそたん」キャラクター&ボイスキャスト

早速、「ひそねとまそたん」のキャラクターとボイスキャストをご紹介します。

甘粕ひそね(あまかす ひそね)

航空自衛隊岐阜基地の新人。素直でまじめな性格だが、嘘のつけないあまりマジな言葉を口にして人を傷つけることが続き、周囲から浮くことを避けている。基地に着任早々、伝説のドラゴン「まそたん」に遭遇し、飲みこまれてしまったことをきっかけにDパイ(ドラゴンパイロット)に選ばれる。不器用ながらもドラゴンといっしょに空を飛ぶ快感を覚え、伝説の生き物とともに生きる決意を固めていく。

VC:久野美咲

Eテレ放映中の「オトッペ」で主人公の(シーナ)や「3月のライオン」(川本モモ)など

貝崎名緒(かいざき なお)

岐阜基地の小柄なDパイ候補生。気の強い性格で、ヤンキーのように喧嘩腰で会話をふっかけるところがある。母親もかつてはDパイであり、名緒もひそねが来るまではDパイの最有力候補だったが、ドラゴンには受け入れてもらえなかった。ひそねを嫉妬するあまり、他愛ない意地悪を続ける。実は人一倍の努力家でもある。

VC:黒沢ともよ

「宝石の国」(フォスフォフィライト)など

星野絵瑠(ほしの える)

福岡県築城基地勤務のドラゴンパイロットで、文武両道の才媛。外見も良く性格はクールで凛々しくてプライドの高い言動をするなど、エースパイロットを意識したふるまいを好む。一方でOTF(変態飛翔生体)に対する理解力は低く、周囲からは持て余されていたようだ。搭乗するドラゴンは、戦闘機F-2Aに擬態する。

VC:河瀬茉希

主要な役どころは今回が初という感じです。

F-2A

F-1戦闘機の後継機種、「バイパーゼロ」の愛称を持つ支援戦闘機。F-16がベースとなっている。

絹番莉々子(きぬつがい りりこ)

青森県三沢基地のドラゴンパイロットで、冷静かつ頭脳派。頭が回りすぎて万事に最低ラインを先に見極めてしまい、なにかとマイナス思考を好む。視線恐怖症でいつも半泣き、ハンカチが手放せない。ただし場や空気はすぐに読めるため、状況判断能力はきわめて高い。搭乗するドラゴンは、早期警戒機E-2Cに擬態する。

VC:新井里美

「魔法少女育成計画」(マジカロイド44)など

E-2C

ホークアイと呼ばれる早期警戒機で機体上にある円盤型のレーダーが特徴

日登美真弓(ひとみ まゆみ)

埼玉県入間基地のドラゴンパイロット。大きな身体でのんびりと気は優しく、いつも穏やかに笑みを浮かべている。もともとは動物園勤務で、猛獣に懐かれているところを基地の人間にスカウトされた。ドラゴンの言葉や気持ちが自然とわかるらしく、みんなに通訳してくれる。搭乗するドラゴンは、輸送機C-1に擬態する。

VC:名塚佳織

「交響詩篇エウレカセブン」の(エウレカ)、「龍の歯医者」(有栖川カンネ)など

C-1

国産中型輸送機。中型機ながら高機動性を有する。

樋本貞(ひのもとさだ)

健康飲料の訪問販売をしている謎の老女。岐阜基地には出入り自由で、ふらっとやってきては、ひそねに意味深なアドバイスをしてくれる。ドラゴンについても何か深く知っているようだが、その実態はなかなかつかめない。

VC:朴璐美

「NANA」(大崎ナナ)、「映画妖怪ウォッチ誕生の秘密だニャン!」(ケイゾウ)など

小此木榛人(おこのぎ はると)

岐阜基地所属の整備員。ふわっとした穏やかなルックスで、押しの弱いところがあって返事もあいまい。上司からは厄介事を押しつけられがちだが、実は芯の強い男。信念に基づいて、大事だと思ったことは貫きとおす。

VC:梶裕貴

「進撃の巨人」(エレン・イェーガー)、「映画妖怪ウォッチ誕生の秘密だニャン!」(フユニャン)など

財投豊(ざいとう ゆたか)

岐阜基地所属の戦闘機パイロット。ひそねたちの上官にあたり、訓練など的確な指示をくだす。見た目は軽く、やる気がなさそうにも見えるが、経験豊富で腕はとても確かな男。女性には誰にでも声をかけるが、ひそねにだけは食指が動かない。

VC:徳本恭敏

「わがまま☆フェアリーミルモでポン!」シリーズ(結木摂)、「龍の歯医者」(佐藤修三)など

柿保令美(かきやす れみ)

岐阜基地の飛行班長で、階級は2等空佐。非常に気が強いクールビューティーだが、実は怖がりで泣き上戸。ドラゴンを苦手に思っているが、事故にはトラウマがあるらしく、パイロットたちの安全管理を最優先としている。

VC:釘宮理恵

「金色のガッシュベル!!」(ティオ)、「ハヤテのごとく!」(三千院ナギ)など

幾嶋博己(いくしま ひろき)

航空装備メーカーでドラゴンに乗りこむ際に着用するパイロットスーツを開発している技術者。データ採取のため岐阜基地に入りびたりで女性のファンも多いが、本人はスーツ開発にしか興味がなく、態度も少々変質的に見える。

VC:諏訪部順一

「クラシカノイド」(ドヴォルザーク)、「ブラッククローバー」(ヤミ・スケヒロ)など

曽々田弘(そそだ ひろし)

岐阜基地に常駐する飛行開発実験団司令。階級は空将補。強面に見えて、のんきなところも見せる男である。動物好きでドラゴンも大好き。ドラゴンに関する国家的機密を握り、まそたんに選ばれたひそねを重視している様子だ。

VC:中田譲二

「ケロロ軍曹」シリーズ(ギロロ伍長)、「宝石の国」(金剛先生)など

まそたん

巨大な翼と長い尾を有するドラゴン。性格は素直でまじめだが、人見知りする。

F-15Jに偽装する。

F-15J

「イーグル」の愛称で知られる日本の主力戦闘機。

気になる第1話のあらすじは?

「正気の沙汰ではないんです」

”甘粕ひそね”はウソがつけないあまり無意識に他人を傷つけてしまう女性。

人間関係に悩み、任期制隊員として航空自衛隊に入隊し、岐阜基地に配属された。

ある日『第8格納庫』に行くように言われた”ひそね”は、プールから出現したドラゴンにパクリとのみこまれてしまう。

なんと空自は古来から日本に棲まう「変態飛翔生命体」略称「OTF」を戦闘機に擬態させ、管理していたのだった。

かくして「Dパイ(ドラゴンパイロット)」となった”ひそね”の運命は、大きく動き始めた!

さいごに

4月が近づくにつれ色々な情報が届けられるようになってきました。

主人公以外のキャラクターも公開され、さらにボイスキャストも公開されました。

次は登場するメカが気になるところですね。

また情報が入り次第お届けします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする